menu
閉じる
  1. ルミキシル(Lumixyl)はシミなどの色素沈着で悩んでいる方にピッタ…
  2. 肌老化を早める紫外線ダメージから肌を守る「UVケア」
  3. 黒い乳首の黒ずみは治る?乳首の美白対策!
  4. 「シミ・そばかす」について
  5. 青クマ・茶クマ・影クマが気になる!その症状と原因は?
  6. 健康な肌はスムーズなターンオーバーから!
  7. 肌に優しいクレンジングと洗顔テクニック!「動画あり」
  8. ほうれい線で老けて見えるのはホント?症状と原因把握でほうれい線を徹底対…
  9. 乳首が黒いのを治す方法と膝の黒ずみを治す方法
閉じる
閉じる
  1. くすみは新陳代謝のとどこおりが原因?
  2. あなたの化粧品選びは自然派ですか?医療派ですか?
  3. 美白・美肌・スキンケアコラム|カラダを温めると肌もキレイになる!
  4. 美白・美肌・スキンケアコラム|肌周期とニキビ
  5. 美白美肌スキンケアコラム「乳液と小ジワの即解消法!」
  6. 美白美肌スキンケアコラム「肌のしくみを知ろう!」
  7. 美白美肌スキンケアコラム「化粧水の働きと化粧液と化粧水の違い」
  8. 美白美肌スキンケアコラム「洗顔とクレンジング」
  9. 美白美肌スキンケアコラム「洗顔料の美容成分は真皮まで到達する!?」
  10. 美白美肌スキンケアコラム「マスカラをコットン1枚でラクに落とす方法」
閉じる

美白・美肌・スキンケア情報サイト

肌老化を早める紫外線ダメージから肌を守る「UVケア」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
img0910

シミ・シワ・たるみを招く紫外線の恐怖

UVは「ウルトラ バイオレット レイ」の略称で、「紫外線」を意味します。
多くの人は「紫外線は美肌の大敵」とわかっていながらも、うっかりUVケアを忘れたり面倒臭がったりして日焼けをしてしまったりする人も少なくないでしょう。

それは、紫外線の本当の怖さをまだまだ知らない事が原因ではないでしょうか。
紫外線の本当の怖さは、ズバリ、肌の老化を急速に早めてしまうことなのです。紫外線を浴びた肌は、肌を守ろうとメラニン色素を黒くしていきますが、それが新陳代謝によりうまく排泄されないと、シミの原因になります。

また、紫外線は真皮にまで到達して、肌の弾力を保っているコラーゲンなどを破壊していきます。それがシワやたるみの原因です。

つまり、紫外線は肌の老化を確実に進行させるのです。紫外線対策をしているか、していないかで5年後、10年後の肌は大きく変わってきます。

紫外線は温度や日射量など体感できる基準がないため、どのくらい肌が紫外線を浴びているのか実感しにくいものです。

それこそが、紫外線の大きな落とし穴です。まだ大丈夫だと油断していると、紫外線によるダメージは日々蓄積され、ある日突然、肌老化として急に肌に現れるのです。

紫外線にはA波(UV-A)とB波(UV-B)があり、どちらも肌老化の原因になるので、どちらも防ぐことが大切です。


日焼け止め化粧品は塗る量に注意

日焼け止め化粧品を使用していても、塗る量が少ないと効果は当然下がります。
たとえば、使用量が少なければSPF値20の日焼け止めを塗っていても、SPF値10程度の効果しか得られないこともあるのです。

日焼け止め化粧品のSPF値は、実際に人間の皮膚に塗った状態で測定しています。
その際に使用される量は、皮膚の1平方cmあたり日焼け止め化粧品2mg。

つまり、日焼け止め化粧品に表示されているSPF値は、それぐらいの量で塗った場合の数値です。
ところがこれはかなりの量で、実際に女性が使っている量は、平均的にその約4分の1量と言われています。その場合、効果は20分の1に下がってしまうことになります。

日焼け止め化粧品はたくさんつけ過ぎると、ベタつくのでイヤという人が多いと思います。その場合は、せめて頬骨あたりだけでも少し厚めに塗りましょう。紫外線によるシミは、頬骨あたりからでき始めることが多いからです。


日焼け止め化粧品の上にはパウダーファンデを重ねる

より確実に紫外線をカットするためには、日焼け止め化粧品の上から、パウダーファンデーションを重ねると効果的です。

なぜなら、ファンデーションの色粉は、紫外線散乱剤と似ているからです。
たとえば、レーザー治療を行うときに、肌にファンデーションが少しでも残っていると、レーザーの光が跳ね返されてしまうほど散乱する効果があるのです。

パウダーファンデーションは、とくに日焼け止め効果を持つものでなくても、UVカット効果が多少あると言われています。

ファンデーションは、パウダータイプの方がおすすめです。リキッドタイプやクリームタイプは界面活性剤の配合量が多く、肌トラブルの原因になることがあるからです。

日焼け止め効果を持つパウダーファンデーションもたくさんありますが、肌の負担になる紫外線吸収剤を含む場合が多いので、あえてそのようなものではなく、普通のパウダータイプを選ぶほうが肌のためにはよ良いでしょう。


日焼け止め化粧品だけの場合はしっかり塗るように
「一日中家の中で過ごすことが多くてメイクの必要もないし、日焼け止め化粧品だけしか塗らない」という人も多いと思います。
しかし、、日焼け止め化粧品だけを塗るならば、パウダーファンデーションだけを塗るほうがシミになることは少ないのです。
実際に日焼け止め化粧品だけを塗ってパウダーファンデーションを塗らない人は、シミができやすいと言われています。
日焼け止めを塗る量が少な過ぎる人が多いことも関係しているのかもしれません。

シミを消したい方はこれ

関連記事

  1. bihaku_img_141

    美白・美肌になるには肌タイプではなく、肌コンディションで選ぶスキ…

  2. 026820

    洗顔の役割とポイントと洗顔料の選び方

  3. bihaku_img_32

    美肌にはアイクリーム・アイメイクアップリムーバーの使い方が大切!…

  4. bihaku_img_79

    体内美肌の正しい知識を知る「生理とホルモン編」

  5. 223358f07b647bf9d94ae5a1f5c58d49_s

    お肌の乾燥トラブルとケア

  6. 293739

    デイリーケスキンケア正解の法則

おすすめ記事

  1. 肌老化を早める紫外線ダメージから肌を守る「UVケア」
  2. ルミキシル(Lumixyl)はシミなどの色素沈着で悩んでいる方にピッタリ!
  3. 乳首が黒いのを治す方法と膝の黒ずみを治す方法
  4. 「シミ・そばかす」について
  5. 健康な肌はスムーズなターンオーバーから!

ピックアップ記事

  1. img0910
    シミ・シワ・たるみを招く紫外線の恐怖UVは「ウルトラ バイオレット レイ」の略称で、「紫外線」を…
  2. 005667_lumixyl01
    シミなどの色素沈着で悩んでいる方にはルミキシル(Lumixyl)がおすすめです。ルミキシル(Lu…
  3. 54023_3050
    女性特有の悩みで、乳首が黒いのを治す方法はないか、膝の黒ずみを治す方法はないかと考えている方も多いは…
  4. a0002_004056
    昔はこんなところにほくろなんてなかったのに・・・それはシミです。きちんとケアをしていないと30代…
  5. bihada02
    肌を構成する表皮・真皮・皮下組織人間の肌というのは、ミルフィーユのようにいくつかの層で構成されて…

おすすめサイト

ページ上部へ戻る