menu
閉じる
  1. 肌に優しいクレンジングと洗顔テクニック!「動画あり」
  2. 青クマ・茶クマ・影クマが気になる!その症状と原因は?
  3. 乳首が黒いのを治す方法と膝の黒ずみを治す方法
  4. 「シミ・そばかす」について
  5. 肌老化を早める紫外線ダメージから肌を守る「UVケア」
  6. ほうれい線で老けて見えるのはホント?症状と原因把握でほうれい線を徹底対…
  7. 健康な肌はスムーズなターンオーバーから!
  8. 黒い乳首の黒ずみは治る?乳首の美白対策!
  9. ルミキシル(Lumixyl)はシミなどの色素沈着で悩んでいる方にピッタ…
閉じる
閉じる
  1. くすみは新陳代謝のとどこおりが原因?
  2. あなたの化粧品選びは自然派ですか?医療派ですか?
  3. 美白・美肌・スキンケアコラム|カラダを温めると肌もキレイになる!
  4. 美白・美肌・スキンケアコラム|肌周期とニキビ
  5. 美白美肌スキンケアコラム「乳液と小ジワの即解消法!」
  6. 美白美肌スキンケアコラム「肌のしくみを知ろう!」
  7. 美白美肌スキンケアコラム「化粧水の働きと化粧液と化粧水の違い」
  8. 美白美肌スキンケアコラム「洗顔とクレンジング」
  9. 美白美肌スキンケアコラム「洗顔料の美容成分は真皮まで到達する!?」
  10. 美白美肌スキンケアコラム「マスカラをコットン1枚でラクに落とす方法」
閉じる

美白・美肌・スキンケア情報サイト

美白美肌スキンケアコラム「洗顔料の美容成分は真皮まで到達する!?」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
bihaku_img_20

洗顔料に入っている美容成分は、角質層の上層部までは入っていくけれど、表皮の奥や、まして真皮にまでは入っていかないというのが定説でした。なぜなら、洗顔料の美容成分が入っていくのなら、洗浄成分も入ってしまうじゃないか!という理論です。

これは洗顔料だけの話ではなく、化粧品の美容成分でも同じことがいわれ続けてきました。イオン導入でもしない限り、角質層のバリア機能を超えて、浸透させることはできないと。

でも、角質層とは不思議なもので、バリア機能があるのに、必要なものはとり入れて、不要なものは入れない取捨選択性があります。洗顔料の美容成分は、ナノ単位でなくても、分子が小さくて濃度が高ければ真皮にまで入ります。でも洗浄成分は入れません。

また、一方通行性があるものも角質層の特徴です。お風呂に長く入っていると、指はふやけるけど、体内の水分は出て行きませんよね。また、肌は濡れているほど吸収がよくなるので、洗顔時は美容成分がいちばん入りやすい。

さらに、真皮にまで到達するのは、洗顔料に限らず、分子が小さく濃度が高ければ、肌に塗る化粧品でも同じです。そう、化粧品とは肌の奥にまでしっかり効くものなのです!

洗顔料も、ただ汚れを落とせればいいとは考えず、肌に効く成分の入ったものを選びたいですね。


泡立てだけが洗顔じゃない

油溶性のメイクの汚れはクレンジング剤で落とすけど、水溶性の素肌の汚れは洗顔料でなければ落とせないはずなんですが、このダブル洗顔という行為、最近のクレンジング剤の進化によって、事情が変わりつつあります。

水ですっきり洗い流せるクレンジング剤には、洗顔料と同様に、素肌の汚れも落とすように働きかけるタイプが、最近多くなっています。

では、自分の使っているクレンジング剤が素肌の汚れまで落としているかを、見極めるにはどうしたらいいのか?

それは、洗顔料の泡立ちが教えてくれます。洗顔時に、泡がすぐに消えるか否かだ。泡が消えるということは、汚れを包み込んでいる状態です。いつまでも泡が消えないのはら、それは肌に汚れが残っていない証拠だからです。

汚れがないとき、洗顔料の界面活性剤は何をするかというと、肌のバリ秋脳である細胞間脂質を落としてしまいます。これが洗いすぎによる乾燥を引き起こす原因です。

「水ですっきり流せるクレンジング剤を使っている方は、洗顔料は極力少なく、水をたっぷり加えて薄め、短時間で洗うように心がけてください」。

私たちは、たっぷり泡立てることに夢中になり、いつまでも消えない泡がよい洗顔料と思っていましたが実は、泡は消えてこそ仕事をした証拠になるのです。

関連記事

  1. a1640_000112

    あなたの化粧品選びは自然派ですか?医療派ですか?

  2. hand

    手あれ・足の裏のあれ対策!

  3. bihaku_img_119

    美肌になるための条件とは?

  4. dermatology_image1-239x250

    くすみを解消して肌の質感をアップさせるには?

  5. K017

    セラミド配合の基礎化粧品

  6. L003_001

    ハイドロキノンの17倍の美白力!!ルミキシル(Lumixyl)の…

おすすめ記事

  1. 肌老化を早める紫外線ダメージから肌を守る「UVケア」
  2. ルミキシル(Lumixyl)はシミなどの色素沈着で悩んでいる方にピッタリ!
  3. 乳首が黒いのを治す方法と膝の黒ずみを治す方法
  4. 「シミ・そばかす」について
  5. 健康な肌はスムーズなターンオーバーから!

ピックアップ記事

  1. img0910
    シミ・シワ・たるみを招く紫外線の恐怖UVは「ウルトラ バイオレット レイ」の略称で、「紫外線」を…
  2. 005667_lumixyl01
    シミなどの色素沈着で悩んでいる方にはルミキシル(Lumixyl)がおすすめです。ルミキシル(Lu…
  3. 54023_3050
    女性特有の悩みで、乳首が黒いのを治す方法はないか、膝の黒ずみを治す方法はないかと考えている方も多いは…
  4. a0002_004056
    昔はこんなところにほくろなんてなかったのに・・・それはシミです。きちんとケアをしていないと30代…
  5. bihada02
    肌を構成する表皮・真皮・皮下組織人間の肌というのは、ミルフィーユのようにいくつかの層で構成されて…

おすすめサイト

ページ上部へ戻る