menu
閉じる
  1. 「シミ・そばかす」について
  2. 肌に優しいクレンジングと洗顔テクニック!「動画あり」
  3. 乳首が黒いのを治す方法と膝の黒ずみを治す方法
  4. 肌老化を早める紫外線ダメージから肌を守る「UVケア」
  5. 黒い乳首の黒ずみは治る?乳首の美白対策!
  6. ルミキシル(Lumixyl)はシミなどの色素沈着で悩んでいる方にピッタ…
  7. ほうれい線で老けて見えるのはホント?症状と原因把握でほうれい線を徹底対…
  8. 青クマ・茶クマ・影クマが気になる!その症状と原因は?
  9. 健康な肌はスムーズなターンオーバーから!
閉じる
閉じる
  1. くすみは新陳代謝のとどこおりが原因?
  2. あなたの化粧品選びは自然派ですか?医療派ですか?
  3. 美白・美肌・スキンケアコラム|カラダを温めると肌もキレイになる!
  4. 美白・美肌・スキンケアコラム|肌周期とニキビ
  5. 美白美肌スキンケアコラム「乳液と小ジワの即解消法!」
  6. 美白美肌スキンケアコラム「肌のしくみを知ろう!」
  7. 美白美肌スキンケアコラム「化粧水の働きと化粧液と化粧水の違い」
  8. 美白美肌スキンケアコラム「洗顔とクレンジング」
  9. 美白美肌スキンケアコラム「洗顔料の美容成分は真皮まで到達する!?」
  10. 美白美肌スキンケアコラム「マスカラをコットン1枚でラクに落とす方法」
閉じる

美白・美肌・スキンケア情報サイト

美白美肌スキンケアコラム「化粧水の働きと化粧液と化粧水の違い」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
bihaku_img_25

化粧水は潤いの道すじをつくるもの

美容液は美白やリフトアップなど機能的な成分がメインで、乳液は潤いに加え、油分も含みます。それに対して、化粧水はヒアルロン酸等の保湿剤からなり、水分を純粋に与えるのが役目のひとつです。

それだけでなく、「化粧水の潤いが道すじになり、次につけるスキンケアの浸透も高まってくるわけです」そう、化粧水とは、まさに潤いの〝呼び水〟といえるでしょう。最近、ひとつの化粧品が浸透するまで、3分ぐらい待ってから次の化粧品を塗るというテクが巷に広まっているようです。

もちろんそれは大切なことですが、化粧水に関しては、なじませたら、せっかくの道すじが蒸発する前に、すぐ次の化粧品を塗っていきましょう。


化粧水は肌状態によって手とコットンを使い分け

雑誌の美容記事で、いつも取り上げられるのが化粧水は手でつけるのかコットンでつけるのか?という質問です。一般的にはコットンでつけることが推奨されています。理由は、清潔という観点からすると、手よりも安全だからです。

あとは、コットンのほうが顔全体に均一につけられるという利点ありです。けれど「潤いは均一につけるよりもメリハリが大切」。乾きやすい頬や目元などは、化粧水を重ね塗りするよう心がけてください。

また、コットンでつけると、パタパタと空気を送ることで気化熱を奪い、毛穴がキュッと引き締まります。「オイリー肌の人ですっきりした潤いを好むなら、化粧水はコットンでつけるといいですね」けれど、肌荒れや敏感肌の人には、コットンの繊維やパッティングが刺激になることも。

そんな人は、手でやさしくなじませるように化粧水をつけたほうが、肌にいいそうです。


化粧液と化粧水は違うって知ってた?

化粧液というのは、簡単にいうと化粧水と美容液の中間みたいな存在。だから、化粧水よりも、美白などの機能的な有効成分を多く含んでいるわけです。

その分、純粋に保湿という意味では、ちょっと物足りなかったりもします。「ですから、化粧液を使う前にも、化粧水はつけたほうがいいですね」。

やはり、化粧水が潤いの道すじをつくるので、化粧液が経皮吸収(角質層から吸収されること)されるのを高めることができるからです。

ただしブランドによっては、化粧液1本で化粧水・美容液・乳液の機能を兼ね備えているタイプもあり、その場合、事前に化粧水を引き締めたいのなら、化粧水を使っても大丈夫です。

化粧品というのは製品同士を混ぜることは安全性の上ではNGだけど、一品一品を重ねて使う分には支障はありません。


美容液はラインの中でもいちばん成分が濃縮されている

化粧品の中でも、欠かせないのは美容液!というのが巷の声。美容液を使わないと、何だか物足りないような気がする、という意見も。その肌感覚は正しいです。

なぜなら、同じスキンケアラインの中でも、美容液にいちばん有効成分が入っているからです。「化粧水には保湿効果か、乳液には細胞間脂質であるセラミドなど油分を補う効果が必要です。

その分、美容液には、美白やリンクル(シワ)ケアなど、機能的な成分を濃縮できるのです」。だから美容液には医薬部外品となっているものが多い。

シミやたるみなど、肌の悩みを化粧品でケアする場合、化粧水や乳液以外に、やはり美容液が欠かせない存在だといえますね。

関連記事

  1. 023

    乳液とクリームのHow to

  2. bihaku_img_85

    カサつく唇には、ハチミツとワセリンのパックが効く!

  3. img091005

    美肌の早道は「寝る」こと!睡眠で内側からきれい

  4. bihaku_img_103

    美肌にはターンオーバーの促進がキモ!

  5. 954_original

    肌を守る基本のお手入れ

  6. 69b66d9ad7bf0a25d7dbd3d74ac1eeef_s

    シワを出来にくくする方法、皮膚の老化とシワ予防に効果的な果物や野…

おすすめ記事

  1. 肌老化を早める紫外線ダメージから肌を守る「UVケア」
  2. ルミキシル(Lumixyl)はシミなどの色素沈着で悩んでいる方にピッタリ!
  3. 乳首が黒いのを治す方法と膝の黒ずみを治す方法
  4. 「シミ・そばかす」について
  5. 健康な肌はスムーズなターンオーバーから!

ピックアップ記事

  1. img0910
    シミ・シワ・たるみを招く紫外線の恐怖UVは「ウルトラ バイオレット レイ」の略称で、「紫外線」を…
  2. 005667_lumixyl01
    シミなどの色素沈着で悩んでいる方にはルミキシル(Lumixyl)がおすすめです。ルミキシル(Lu…
  3. 54023_3050
    女性特有の悩みで、乳首が黒いのを治す方法はないか、膝の黒ずみを治す方法はないかと考えている方も多いは…
  4. a0002_004056
    昔はこんなところにほくろなんてなかったのに・・・それはシミです。きちんとケアをしていないと30代…
  5. bihada02
    肌を構成する表皮・真皮・皮下組織人間の肌というのは、ミルフィーユのようにいくつかの層で構成されて…

おすすめサイト

ページ上部へ戻る